株式会社マタニティー.jp
MENU

助産師の健康相談窓口のことは株式会社マタニティー.jp

助産師の健康相談窓口のことは株式会社マタニティー.jp

電話問合せはこちら

妊娠、出産だけでなく女性の一生を通じてのケアの専門家としての助産師の健康相談窓口

  • 妊娠、出産だけでなく女性の一生を通じてのケアの専門家としての助産師の健康相談窓口

株式会社マタニティー.jpの妊娠、出産だけでなく女性の一生を通じてのケアの専門家としての助産師の健康相談窓口は是非活用していただきたい窓口です。

妊活をしているしていないに関わらず全ての女性社員のお悩みや、子育て環境にある男性社員、妊娠、子育て中の部下に対し、どのように接するべきか悩んでいる方などを、職場内の個別相談を代替し、従業員一人ひとりのメンタル面のサポートを担います。

仕事と家庭の両立を目指し、離職率、休職率の低下を目指す為、また必要に応じて心理士、精神科医、産婦人科医、脳外科医などの紹介も実施しております。

このようなお悩みはありませんか?
  • 生理痛が酷くてどうにかしたい
  • 急な妊娠、職場にはどのように報告したらいい?
  • 妊娠をしたいけどいきなり不妊治療をするの?結果がわかった後にする事は?
  • 赤ちゃんに異常があるかもしれないと言われたけどどうしたらいいの?
  • 妊娠中にいきなり出血したけど大丈夫?
  • つわりってなぜ起こるの?少しでも快適に過ごす方法はないの?
  • 妊娠中お腹が張る、陣痛がある、足がつるのは、歩くと恥骨が痛いのは我慢するしかないの?
  • 産後誰も近くに手伝ってくれる人がいないけど大丈夫?
  • 赤ちゃんってくしゃみをしたり、顔がカサカサ、ブツブツ、お尻が赤いのは大丈夫?
  • パパシングルだけど受けることができるサービス、サポートはある?
  • 妊娠中の女性が職場にいるが、どのように声をかけてあげたり、仕事内容の制限をしてあげたらいい?
  • 職場に未就学児の子育て中の社員がいるが、どのような配慮をしてあげればいい?
このサービスでこのような効果が期待できます
  • 職場内での人間関係が円滑になる支援
  • 女性特有のライフサイクルに応じて、仕事と生活の両立ができる
  • 女性が活躍しやすい企業
  • 子育てしやすい企業となる

株式会社マタニティー.jpが選ばれる理由

  1. 相談内容を月ごとに会社の人事にフィードバックする事で、職場内の個別の相談内容を代替して相談を受け、離職率、休職率の低下、従業員のメンタル面のサポートを担う点
  2. 必要に応じて心理士、精神科医、産婦人科医、脳外科医などの紹介を実施できる

セミナーを受けるまでの流れ(当日の様子)

  • 01 ご予約
    ご予約

    弊社HPのお問い合わせメールもしくは、お電話にてご予約をお願いいたします。

  • 02 セミナー会場へご来場
    セミナー会場へご来場

    当日、セミアーに必要なものを持参していただきまして指定の会場へお越しください。その際に参加費をその場でお支払いいただきましての参加となります。

  • 03 セミナー受講
    セミナー受講

    受けられるセミナーの内容により多少異なりますがおおよそ2時間程度のセミナーとなりまして、途中休憩などもございます。

  • 04 セミナー終了
    セミナー終了

    受講後にご質問がございましたら時間の許される限り自由にご質問・ご相談ください。 また、お帰りになる前にアンケートのご記入をお願いしております。

料金

  • 従業員5人以下:月1万円~

開催予定一覧

イベントはありません

株式会社マタニティー.jpへの
ご相談・お問い合わせはこちら

    LINE@LINE@
  • 予約優先制

  • 定休日月曜日
営業時間 日祝
08:00〜20:00 10:00~20:00

おすすめの関連記事