株式会社マタニティー.jp
MENU

産後初めての子育てが不安なら株式会社マタニティー.jpの産後ケアへ

産後初めての子育てが不安なら株式会社マタニティー.jpの産後ケアへ

電話問合せはこちら

産後ケア

産後ケア

産後ケアとは、産院退院直後から制限なくご利用いただけるサービスで、家族から十分な家事及び育児などのサポートが得られなかったり、お住いの地域が行っている産後ケア事業の対象外の方(提携助産院では大阪市、吹田市の産後ケア事業委託を行っています。)など母子ともに体調不良や育児に対しての不安がある方などに利用して頂きたいサービスです。

入院期間は平均4日程度、産後のおしもの傷、違和感は個人差はありますが緩和するのに2週間前後の時間を要します。また母乳の出が確立するのも個人差はありますが、約3ヶ月の時間を要します。

特に産院退院時期は、まだまだ母乳栄養の確立の段階では、飛行機でゆう所の上昇時期です。1日1日母乳の作られ方が変化するのが当たり前の時期、そして母乳を出すためには、食事も大切、そして母乳は血液が源、体の冷えを改善してあげる事、更に何よりもママのメンタルがとっても大切。

産後は、見た目、想像以上に、おしもの傷、母乳が張る、乳首のキレなどの痛み、母乳を吸われる事での子宮の戻りによりお腹の痛み、更に3時間授乳での寝不足、夜間の授乳がメインになることでの生活リズムの逆転、赤ちゃんの抱っこでの肩こり、手首の腱鞘炎、ホルモンバランスの乱れ、母性本能からくる赤ちゃんを守ろうとする気持ちで産後のママはとても敏感になっています。

普段なら、気にならない、母乳育児をしたくても赤ちゃんによっては上手く吸付けない子もいます。授乳をした直後に家族の方から「母乳が足りてないんじゃない?」「ミルクをあげたら?」「母親なんだから、しつかりしなよ」「昔は、白湯をあげていたよ」「私の時は母乳がすぐで出たよ」との言葉でママの頑張る気持ちが一気に崩れてしまう事があります。

更に、夫婦の間でよくあるトラブルは家事、育児を手伝ってくれるけど、パパがミルクをあげるも、ミルクをあげたら哺乳瓶はそのまま、おむつを替えるてくれたけど服にウンチが付いている又は、おむつは変えてくれたけど変えたおむつは赤ちゃんの横に置いたまま。しかしパパは育児手伝った!!と顔や態度を示しママは逆にイライラしてしまう。又、ママが夜泣きや子どもの成長や発育の相談をパパにした時「母親なんだから、しっかりしてよ」「俺、明日仕事なんだから静かにさせてよ」と育児に無関心な態度や一緒に子育てをしている共感がないと、ママの気持ちは崩壊し、産後うつ、ヒステリー、育児ノイローゼになり、夫婦でいるのにママは1人で子育てをしている孤立感とたたかわなくてはならない。産後は手伝ってもらうより、話を聞いてもらう、肩こりを揉んでもらうなど共感を求めています。

育児は24時間、365日休みのない、そしてママ以外では代わりが利かない仕事です。なので、そんなママたちが、育児のスタートや悩みを相談でき、安心して子育てができる場所が専門家のいる産後のケア施設なのです。

初めての子育てで赤ちゃんを抱く事が怖い、赤ちゃんと2人でいるのが不安、2人目でも新生児の事は不安、2人目でも上の子もいるし里帰りも出来ない、里帰りをしても母親の意見や発言にしんどくなってしまう初めての事、そして2人目さんでも赤ちゃんの顔がそれぞれ違うのと一緒で産まれた赤ちゃんの性格は1人1人違います。同じように授乳が出来ない、泣き止まない、育てる苦労も違います。そんな初めの時に育児の専門家のサポートのもとで練習を行ってみては?ママが安心できる状態になるのも人それぞれ。“安心して赤ちゃんと過ごせる”と実感した時に自宅に帰るとゆう考えでお母様に寄り添っております。

家族様、旦那様へ、妊娠、出産とゆう命がけの大仕事を成し遂げた後の女性には例えるなら、戦場で戦ってきた戦士のように精神的にも身体的にもボロボロの状態です。そんな状態でも赤ちゃんの育児は待ったなしでやってきます。昔は、それでも自宅に帰ると同居している家族が手伝ってくれていたので、ママ達が子育てを出来ていました。しかし、現在は、核家族化、更には共働きでママだけで1人での子育てをするのには難しいです。そんなママさんにこれから始まる長い育児を楽しく、子どもの笑顔を、成長を実感できるために心と体のケアを出産祝いにプレゼントしてあげるとゆう考えはいかがでしょうか?

選べるプラン

宿泊型のご利用例

・14日間プラン

産後用品の割引オンライン相談やスペシャルサービス付き

・7日間プラン

産後用品の割引オンライン相談やお得な連泊特典付き

・1泊2日プラン

オンライン1回相談無料

オプション

・デイサービス型(日帰りプラン)のご利用

宿泊型サービスをご利用された方限定で日帰りプランもご活用いただけます。

★上記の宿泊プラン以外にもご利用者様に合わせて臨機応変にご対応いたします。どんなご希望でもお気軽にご相談くださいませ。

ご利用の例

  • 授乳の様子(産後ケアの事例)授乳
  • 沐浴の様子(産後ケアの事例)沐浴
  • おむつ交換(産後ケアの事例)おむつ交換
  • ミルク(産後ケアの事例)ミルク

ご持参いただくもの

産後ケアをご利用の方へご持参いただくもののご参考にされてくださいませ。また、貴重品等は各自にて管理していただきますようお願いしております。

  • 母子手帳
  • ママの着替え、下着類(宿泊枚数分)
  • 洗顔セット(歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔、メイク落とし、基礎化粧品など)
  • 赤ちゃんのお洋服(宿泊枚数分)
  • ※お尻ふき
  • ※母乳パッド
  • ※ナプキン類

※施設内でお得に購入もできます。洗面用具はお貸し出しがございますのでお声をおかけくださいませ。

面会可能時間

施設内の面会時間に関しましては、15時から20時までとなっております。

施設内の雰囲気

  • 外観外観
  • 玄関玄関
  • 階段階段
  • 寝室寝室
  • 沐浴グッズ沐浴グッズ

産後ケアのご予約方法

産後ケアに関しましてはご利用をご希望の方は電話での事前予約が必要となります。

※利用に関しましては、一部ご利用いただけない方もいらっしゃいますので事前にお問い合わせください。

また、セミナー開催中など電話に出られない場合もございます。その際は留守番電話にメッセージをお願いいたします。折り返しお電話を差し上げます。

お電話番号お名前をメッセージに残しておいてくださいませ。

電話予約はこちら

【営業時間】8:00~20:00※火曜のみ10:00~20:00

【定休日】月曜日

事務局の所在地

住所

〒532-0028大阪府大阪市十三元今里3−4−10(yumiko助産院事務所内)

Googlemapを開く

株式会社マタニティー.jpへの
ご相談・お問い合わせはこちら

    LINE@LINE@
  • 予約優先制

  • 定休日月曜日
営業時間 日祝
08:00〜20:00 10:00~20:00

おすすめの関連記事