株式会社マタニティー.jp
MENU

大阪市の助産師として妊娠出産だけでなく女性の人生についてアドバイス、応援をする株式会社マタニティー.jp

大阪市の助産師として妊娠出産だけでなく女性の人生についてアドバイス、応援をする株式会社マタニティー.jp

電話問合せはこちら
株式会社マタニティー.jp株式会社マタニティー.jp
株式会社マタニティー.jp株式会社マタニティー.jp
おすすめ記事

お店からのお知らせ


過去のお知らせを見る

妊活・妊娠中の方向け
産後の方向け
企業向け
COMPANY

株式会社matanity.jpが選ばれる5つの理由

子どもを持っても働ける環境を提供します

孤立させない為に、妊娠中の体の変化や育休中も社会との繋がりを持つ。マタニティー・子育てカフェなどのサークルで地域コミュニティを作り、経験者ママがこれから産む、育てるママへの経験から教わる、聞ける、学べる場の提供。地域コミュニティーには専門職の管理者が1名以上は在籍している。

貧困させない為に、子どもを育てながらでも働き続けられる(パート、正社員問わず)環境を調整するお手伝いをいたします。

子どもを持っても働ける環境を提供します

妊娠前からの継続的な関わりを行います

企業や個人様へ、かかりつけ助産師として妊娠前から顔見知りとなり、友人のように気軽に相談できる存在としての役割を担います。

妊娠前からの継続的な関わりを行います

夫婦や世代間の違いを認識した楽しい子育ての環境を整えるサポートをいたします

男性ホルモンや男性役割の特徴、女性ホルモンや女性役割の特徴、子育て世代、更年期世代、上司の世代としての子育て環境の社会的背景の違い、子育て事情の違いをそれぞれに認識してもらい、役割の違いを認め、共に生活や仕事をより円滑に行う為のセミナーを個人・企業様にいたします。

夫婦や世代間の違いを認識した楽しい子育ての環境を整えるサポートをいたします

結婚後から保育に関する時期に起きる課題をトータルでサポートいたします

妊娠のできる身体状態の診察、治療が必要な状況での産婦人科医への連携、妊娠中の様々な悩みを医学的根拠、経験者の意見、知恵、心理士による専門的なアプローチなどのバックアップ体制。また現代の、高年齢出産により、育児サポートで生じる親の介護などの分野の課題は、専門機関へ紹介いたします。子育て中の保育園への入所の手続きなどの詳しい説明や、育休中の会社への手続きなどについて説明をいたします。

また、未来を担う子どもの健全な育成の為、幼児教育の一環として、政治に触れる体験や英語、食育、歯から健康教育、子育てで役立つグッズやベビーフォトなどを提供し、子どもを通して、親も共に学べる環境の提案をしております。

結婚後から保育に関する時期に起きる課題をトータルでサポートいたします

皆様が持っている宝物(妊娠する、産む、育てる力)を引き出します

医療職としての意見を押し付けるのではなく、本人やその家族がなぜそのようなお産をしたいのか、またそのお産をする為にどうすべきかを本人、家族と想いを深堀りし、ご自身たちの力で安全なお産、満足のいくお産や産後を過ごせるように話を聞き、必要な医療情報を提供いたします。

皆様が持っている宝物(妊娠する、産む、育てる力)を引き出します
代表あいさつ

萬代 由美子今までに出逢えた
たくさんのいのちに感謝をこめて

代表 萬代 由美子

初めまして、助産師の萬代 由美子です。私がお産に関わり10年余りが過ぎました。赤ちゃんの清らかな魂がくれる無数のメッセージ。いのちを生み出す女性の神秘的な力のすばらしさ…そして子どもたちの好奇心旺盛で純粋なまなざしは、毎日の生活を豊かで拡がりのあるものに変えてくれました。また、独身であってもお母さんに寄り添い、お母さん、お父さんから、育児の事や子どもを産む・育てる事の楽しさや大変さを教えてもらう事がたくさんあります。これまでの多くの出会いと感動は私にとって、かけがえのない宝物です。

しかしその反面、いじめ・虐待・育児ノイローゼ・ネグレクト・若年層の中絶・DV・自殺未遂・望まない妊娠と、いのちを脅かす暗い影もたくさん見てきました。また、本来妊娠、出産の場面では主役であるお母さんやお父さんの想いや考えは置き去りにされ、病院側のルールや世間体などで本来の主役がすり替わっている場面をたくさん見てきました。私はこれらの事実から何を学び、どんなメッセージを受け取り、未来につなげていけば良いのかを考える事が助産師である私の責任だと考えています。

株式会社マタニティー.jpは2019年にできたばかりの会社です。子どもを笑顔にする事に特化した会社として新たなフィールドを自ら開拓するところからスタート。子どもにとっての初めての社会である両親。家庭の中での母親の影響力は絶大であり、その母である女性。子育て中のお母さん達が、女性として、妻として、母として、輝き続け、笑顔でいる事こそが、子どもの健全な発育に多大な影響をもたらすと考えています。女性が輝く為には、身近な存在である男性、父親の存在が必要不可欠だと考えています。また男性以外の女性を取り巻く、実家の両親、職場の同僚、上司、部下などの方々の協力、サポートは必要不可欠だと考えています。

子育てを今よりもさらに楽しく、より子育てがしやすく、社会全体で子どもの健全な発育・育成のために最前線で新しいサポートの創造に挑戦し続けていきます。人はみんな幸せになるために生まれてきました。生まれたばかりのまばゆい、いのちに出逢うといつも強くそう感じます。未来は今よりもっと心豊かで、しあわせなお産と子育てができる「いのちに温かい社会」でありますようにとの想いで株式会社マタニティー.jpではそんな社会の創造にむけて活動しています。

株式会社マタニティー.jpへの
ご相談・お問い合わせはこちら

    LINE@LINE@
  • 予約優先制

  • 定休日月曜日
営業時間 日祝
08:00〜20:00 10:00~20:00

スタッフブログ